スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅する少女と灼熱の国 

なんで今更MADLAXのスピンオフが出版されるのかよくわからないけど、 好きだった作品の関連商品が放送終了後7年も経ってから出るなんて少し嬉しい。 とは言ってもストーリーはあんまり覚えてないし、あぁこんなキャラいたな、懐かしいなって感じですけど。 世間的にはMADLAXの作品タイトルよりもヤンマーニの方が知名度高そうw

とりあえず主人を大好きなメイドは萌える。
そういえば、私の中の「メイド = 戦闘力高」ってイメージはエリノアのせいなのかもしれない。

涼宮ハルヒの驚愕 読了 

特別ハルヒが好きって訳でもないけど、4年も延期されたせいで妙に楽しみにしてました。
分裂の内容ほとんど忘れちゃってたから、発売前に読み返しとけば良かったな……。
とりあえず、佐々木が好みでした。初回特典の冊子も佐々木メインで俺得。
分裂読んだ直後は京子×佐々木を妄想してちょっと萌えていたりしたのを思い出した。
でもレギュラー化は無さそうで残念。早く分裂~驚愕アニメ化しないかな。
でも映像化しちゃうと、実は女でしたっていうあのサプライズは無くなっちゃうんだよなぁ。

羣青 上巻 

絵があまり好みじゃないのでスルーしそうになりましたが、
公式(http://www.ikki-para.com/gunjo.html)で何話か公開されてるのを読んで
思わずポチっと購入。見事に作戦にハマっております。
愛憎入り混じってドロドロしててエキセントリックで非常に好みです。
泣き顔が多くて、読み進める内にどんどん気分が沈む素敵な作品。
(でもヤッてる最中の泣きながらビンタとかにちょっと萌えてしまったw)

中高生の百合物で登場人物が悩んでいる姿とかを見るのは好きなんですが、
羣青は登場人物が30代前後なせいか、自虐的というか諦念的な発言が多くて
読んでて結構痛いです。これは確かに作者が異性愛者だったら叩かれてそう。

とにかく次巻が楽しみです。
とか言って某所で衝撃的なネタバレを見てしまって
思わず雑誌を買ってしまったわけですが。
……サブキャラだけど結構好きだったので鬱すぎるorz

ストライクウィッチーズ 乙女ノ巻3 

アニメ部分はどうせダイジェストだろうと期待してなかったんですが、
ちょこちょこと心理描写が追加されてたりして意外と読み応えがありました。

そして個人的にはマロニーに解散させられて帰国する部分の
エイラーニャ追加シーンが最大の見所。
(そ、そうか!貨物なら、サーニャと二人っきりだ!)
邪な想いが、エイラの胸中に沸き起こる。
なんて考えときながら、いざ本編でサーニャが寄り掛かって寝てても
肩を抱くことも出来ないなんて、相変わらずヘタレかわいい。

The Grimoire of Marisa 

魔理沙好きなので、とりあえず解説読んでるだけで楽しいです。
それにしても相変わらず独特な文章のセンス。
HARD以上と文花帖は未プレイなので、初めて見るスペカがたくさんorz

マリアリ的に目に付いたのは、
・裏表紙のアリスが壁の陰から魔理沙をストーキングしているようにしか見えない
・まえがきで「アリスの本を真似したわけじゃない」
・アリスのスペカ解説で本人の弾幕が人形よりしょぼい件について「あいつは結構強力な魔法を使えるはず」とか言ってて実力を認めてるっぽい
くらいでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。