スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソルフェージュ コンプ 

少女漫画的な絵柄とほのぼのした雰囲気的に
マリみてみたいなソフト百合かと思いきや、
キスシーンありのキャラがいたりと意外と百合度高くて満足。
こんな感じで非18禁の百合ゲームが増えてくれるといいのになぁ。

メインのすくね様ルートは特殊設定に少し無理を感じたので
それほどハマれなかったんですが、
まり先輩ルートが素晴らしかったのでそれだけで名作認定したい気分。
見事なツンヘタレっぷりに終始ニヤニヤが止まらない(´д`*)
照れてるCGや立ち絵が可愛すぎてもう……。
ちほは元気な親友ってことであまり好みのタイプのキャラではないのですが、
伊月ゆいだと思うとなんだか可愛く思えてくる不思議。
性格的に喋りまくりだし他キャラルートでの出番も多いので、
かなりの伊月分を補給できました。

音ゲー部分は最初の曲で見事ゲームオーバーになって以来
オートプレイに設定して聞き流したんですが、
基本的に音ゲーは好きなのでこれからフリーモードで少しやりこみたいです。
ただ、作品中の6曲が全て主人公役の榊原ゆいの曲というのはちょっと残念。
榊原ゆい自体は好きだけど、ヒロインにたかはし智秋、伊月ゆい、今井麻美と
かなり歌える人が揃ってるんだから各ヒロイン自身が歌う曲も欲しかったorz

ソルフェージュのキャスト 

絵があまり好みじゃないからスルー予定だったけど、
百合ゲーに伊月ゆいが出るとなれば買わざるを得ない……。

キミキス 

ようやくプレイし始めました。
もちろん二見瑛理子(CV:田中理恵)目当てで。
中の人が田中さんで、 外の人がストレートロングでIQ190の孤独を愛する天才少女。
というわけで、発売前から超好み(*´Д`)ハァハァ
実際に始めてみても、段々と心を開いてくれる過程とかが堪らない。

あぁ、でも久々に普通の学園物のギャルゲやったから、青くてとにかく恥ずかしいorz

ゲームシステム的には苦手なタイプなので (行き先選択とか面倒)
二見さんクリア後もプレイする気力があるかどうかは不明です。
メインヒロインの小清水キャラは頑張ってプレイしようかなぁ。
大人しい感じのヒロインって苦手なんだけど、ルックスは好みだし。

今月末に運命の系統樹PC版が発売されたら
おそらくそっちにかかりきりになってしまうと思うので、
早めにキミキスに一段落つけたいところ。


キミキス
  • キミキス
  • 発売元: エンターブレイン
  • 発売日: 2006/05/25
  • 対象: PlayStation2

ローゼンメイデン ドゥエルヴァルツァ 

ローゼンメイデン ドゥエルヴァルツァ(通常版)
スルー予定だったのに、なんかあまりにも評判が悪いので
好奇心が抑えられなくなり特攻。 クソゲー大好きorz

まずは、作画がひどいと噂のOPムービーを見て、早速うへぁ……(´д`;)な気分に。
しかし始めてみたら普通のギャルゲって感じで可も無く不可も無く。
絵もストーリーも無難にアニメ準拠だし。

不満点としては
・ムービーで口パクしない (事前に情報で知ってたけど、実際見たら凄い違和感)
・戦闘が縦シューティング (なんかしょぼい)

ちなみに、1stプレイで本能のままに選択肢を選んでいった結果、翠星石ルートでした。
(ストーリー的には3キャラほぼ共通でアニメ版と同じ展開っぽいけど)
ツンデレスキーとして十分に楽しませて貰いましたが、
一番萌えたのは銀様に腕をもぎ取られる時の苦悶の声というよくわからない結果に。

全体的に、キャラゲーとしてはまぁこんなものかなぁという感じですが、
やっぱり銀様ルートが無いのが物足りないorz
攻略可能だったとしてもジュンにデレる銀様はあまり見たくないけど、
下僕にされて、おバカさん呼ばわりされながら蔑まれたりしたかったです(*゚∀゚)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。