スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞-乙HiME 第2話 

シズナツのツーショット多すぎで幸せです。ありがとう舞-乙HiME。

■ 第2話 「乙女の園を駆ける疾風!?」

まだキャラの顔見せ的要素は強いものの、学園を巻き込んでのドタバタした雰囲気やギャグが良い感じの話でした。素直に面白かったです。

■ シズル×ナツキ
冒頭、いきなり上空からシズル様降臨。
神々しすぎます。なんですかあの演出。



シズルの表情とか声とか最高すぎて萌え死にそうです。

単純にかわいい女の子が好きだから女の子に対して優しく振る舞うのは勿論、アリカをセルゲイに渡さないために優しくしてゲットだぜみたいな計算的な部分も含まれているんでしょうけど、シズルのそういった部分も好きです。



迫られてるアリカそっちのけでシズナツの表情ばかり見てました。
ナツキの嫉妬を誘ってるようにしか見えないんですが……!



ナツキの敵はウチの敵、と言わんばかりのセルゲイに対するシズルの態度が素敵。
舞を褒められた時も一応 「おおきに」 で返してますけど、完全にただの社交辞令ですよね。



学園では常にナツキの後ろに控えているようなシズルの秘書っぷりに萌えます。今作のナツキは学園長として色々と気苦労も多そうですが、シズルと二人の時にだけ素を見せる感じが(*´Д`)ハァハァ

そうか、ナツキはいつもシズルの入れたお茶を飲んでるのか。



クルーガーさんはクールでかっこいいのにふとした瞬間に背景で見せる表情がやっぱりヘタレ。

■ エルス
「ニナちゃん……」
とか呟いてたんですけど、あれ、ひょっとしてアニメでもエルス→ニナなんですか?
アリカへの想いはただの憧れ?
まだアリカとは出会ってないのでこれから変わるのかもしれませんが……。

片想いの相手としてはニナの方が萌えるので (アリカだと深く考えずに人間としての好きで受け止めてしまいそうだから)、出来ればニナラブであってほしいものです。

■ トモエ
放送前から期待していたトモエ登場。なるほど、こういう性格や声なのか。ナンバーワンの話を振られ謙遜してますけど……なんか黒く感じるのは田中理恵ボイスのせい?

そしてトモエ・マルグリットだったはずなのにEDクレジットではトモエ・ヒナギクになってましたね。舞-HiME時の雛菊巴と完全に同じ名前に。この世界では日本姓は珍しいようだし重要な意味があるんでしょうか。

これからのシズルとの絡みに期待。

■ ナオ
今作ではあまり猫かぶってないんですね。あいかわらず性格悪いところが萌える。そして南里侑香の声が最高です。ナオの声ってFJYで歌ってるときの声に近いですよね。

■ 挿入歌 「星が奏でるものがたり」
以前、不安とか書いたんですが……かなり梶浦な感じで良い曲っぽい(*´д`)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winbe.blog23.fc2.com/tb.php/49-c3457255

舞-乙HIME 第02話

『舞-乙HiME』オープニング主題歌「Dream☆Wing」栗林みな実 ランティス 2005-11-02売り上げランキング : 7,731Amazonで詳しく見る by G-Tools『乙女の園を駆ける疾風!?』脚本:吉野弘幸 / 絵コンテ:長井龍雪 / 演出:長井龍雪 / 作画監督:竹内浩志超待望の第2話...

舞ー乙HiME@第02話、乙女の園を駆ける疾風!?

舞-乙HiME:詩帆たん登場!ずいぶんとアホなキャラにおなりで…(つ∀`)まきまきまきまき今回の目玉、栗
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。