スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブライブ!13話 

矢澤先輩格好良すぎてこれは惚れる。
何気にアニメ化で一番株上がったのはにこかもしれない。
これがきっかけでにこりんぱな結成したってことなのかな。

エリチカの台詞は自分がほのエリ好きな事を除いても色々グッと来る。

そしてことほの派大勝利な百合ENDでした。
ススメが流れてきて一気に空気が変わる、あのパワー凄いなぁ。
海未のオーバーアクションがミュージカルっぽくて笑う。
空港のシーンは完全に恋愛物な感じでキマシだったんですが、
周囲のモブがことほのをガン見してたせいでなんか集中して見れなかったw
9話を踏まえてことりの成長物として見ると留学する方がきれいだから
どうやってそれを阻止するのかが気になってたけど、
1話で語られてた「穂乃果のわがまま」で解決しちゃうのは潔いな。
「いつか別の夢に向かう時が来るとしても」って台詞が切なかったけど、
穂乃果さんことうみの人生に影響与え過ぎだし、もう責任取って娶れよって思う。
ことりは「穂乃果ちゃん早く止めに来てくれないかなー(チラッ」って感じの
面倒くさい女になってたけど、面倒くさい子は嫌いじゃないです。 ヤンデレさせたい。
ことり関連以外も穂乃果の物語として見ると結構きれいにまとまった印象。
最終回なのに希がオロオロしてるだけっぽい印象だったのはちょっと残念かな。

最後のライブ、9人スタダはネタバレ無しで見たかったorz
3人バージョン好きすぎて見る前は少し微妙な気持ちもあったけど、
エリまきのソロパート格好良くて、これはありだなーと。
映像的にも3話と比較するとかなり胸にきます。
お客さんゼロの客席を写すアングルと同じアングルで今度はサイリウムの海とか泣ける。
制服姿の女子高生達が統率のとれた動きでリウム振ってる姿はちょっと笑えたけど。
そして穂乃果の表情の違いがもうね。
3話の切ない感じも好きだったけど、純粋に楽しんでる感じの表情になってて、
それだけでもう最終回を大肯定したい気分に。
LL13.jpg

というわけでいよいよアニメ放送終了して物凄い喪失感。
企画は続いていくわけだし、マンガやラノベ原作と違って今後も声や動画の提供はあるわけだけど、 やっぱりアニメのお祭り感は特別な感じ。
しかしアニメ化で色々とキャラに深みが出たので、今後はより楽しめそうです。
約1年とちょっとラブライブを追ってきて、曲は好きだけどキャラに関しては正直そこまで入れ込んでる訳では無く、好きなキャラ何人か挙げるならほのエリ海未かなー、くらいのライトな感じだったのに、アニメ見てからというもの、ことほのうみの関係とか妄想が捗りすぎてやばい。

二期はやろうと思えば出来そうだけどどうだろう。
一期では廃校阻止したら企画終わっちゃうじゃん!ていう懸念を解消してくれたので、
二期ではさり気なくサザエさん時空に突入して3年の卒業回避してください。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winbe.blog23.fc2.com/tb.php/446-6e9a4b66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。