スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成熟という檻 『魔法少女まどか☆マギカ』論 

1章の冒頭でいきなり

『まどか☆マギカ』のストーリーを、とりあえず美樹さやか―佐倉杏子をめぐるものと、暁美ほむら―鹿目まどかをめぐるものに分けてみよう。二組の少女たちは、それぞれラブロマンス的関係にある。

なんて書かれててふいたんですが……一応公式サイトの書籍コーナーで紹介されてる本なのに百合扱いしちゃっていいの? 中身でも杏子→さやかやほむら→まどかの想いを普通に愛として扱ってて、百合的な期待を抱いて読んだ訳では無かったので、ちょっと得した気分。

元々評論とかそんなに好きじゃなくて、引用されてる本や映画も殆んど見たことがないのでまともな感想は書けないけど、思ったよりはキャラ考察が多くて、それなりに楽しめました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winbe.blog23.fc2.com/tb.php/384-f0f728ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。