スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞-HiME戦 単行本発売 

公式サイトに完全にスルーされてるのが泣ける。

HiMEの約半数をリストラしてもなおダイジェスト感が漂ってますが、完全に黎人×舞衣の話になってるので、メディアミックスとしてはなかなか面白かったです。自分が楯あまり好きじゃない&敵対カプ萌えなせいか、舞衣絡みの恋愛はこっちのが好きかも。ラストバトルで告白しながら戦って洗脳解除とか恥ずかしくていいですよね。それはともかくとしても、美袋家の話とか黎人の葛藤とかはアニメ本編でももう少し描くべきだったような気がする……。

打ち切りっぽい消化不良な最後だったので初見では気づかなかったんですが、これ死んだHiMEや想い人の復活描写無いですね。ゲーム版に続く鬱エンドか。その他の場面でも拓海の腕が千切れてるように見えたり、鉄筋が命の胸を貫通して血まみれになりながらそのままガチ死亡とか何気にグロい描写多い気がします。

そして漫画を読んだ後、久々に舞-HiME(20話以降)を見返したりしましたが、やっぱり無印後半の展開は素晴らしい。静なつ奈緒以外は結構忘れてるシーンもあったりして懐かしかったです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winbe.blog23.fc2.com/tb.php/335-d5407bbb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。