スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シムーン 異薔薇戦争 封印のリ・マージョン 

DVDは買ってないのでかなり久々にシムーンに触れました。

特に期待もせず限定版にしたけど、漫画2本が両方良い感じだったので満足。
アルティ&パラ様の会話メインなシリアス漫画は
片思いの連鎖好きにとってはなかなか素晴らしいですね。
「いくら誰かに想われていても 自分が願う相手と通じ合わなければ
世界に意味はなくなるんだろうね」っていうアルティの台詞が好き。
進路希望引きこもりネヴィリルなギャグ漫画も定番ネタだけど笑えました。

あと、設定集の姉妹に異様に萌えた。
ただの表情集って感じなのに、裸でカイムを組み伏せてるっぽい
アルティがエロすぎてどうしようかと思いました。
「姉の前では独占欲丸出しで女っぽい」ていう説明文とか、
普段は姉さん呼びなのに「カイムは私のものでしょう?」とか。
カイムの所に書いてある「アルティと二人きりの時はアルティに逆らえない」
というのもなんか良い感じ。

というわけですっかり満足してしまい、
2週間ほどゲームのパッケージ未開封でしたorz

ちょっとだけプレイしてみたけどなんかADV部のテンポが良くない感じ。
SLG部に関しては、元々SLG苦手で殆どプレイしたこと無いので
出来の善し悪しはよく分かりませんが。

まぁ、とりあえず好きなキャラの会話を見てるだけでも楽しいので、
あまりゲーム性には期待せずちまちまと進めていきます。
ただ、こういうゲーム形式だと仕方無いんだろうけど、
カプ萌え派としてはアーエル×各ヒロインよりもアニメ本編の各カプが見たい訳で、
微妙にモチベーションが上がらない。
そういう意味では、原作有り百合ゲーとしてはストパニみたいに
主人公が選択出来たりする方が良いのかな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winbe.blog23.fc2.com/tb.php/267-359e9906

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。