スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シムーン 第25話 「パル」 

結局、拍子抜けするほど女のままのメンバーが多かったですね。

個人的にはパラ様が女を選んでくれたのが嬉しい。
アーエルが出迎えたメンバーの中にパラ様がいなかったため、
性別判明が遅れてやきもきさせられたけど、
女になった事をネヴィリルに告げたのを聞き、思わず心の中でガッツポーズ。

最初の頃、男になりたいと明言してたパラ様と姉妹が
紆余曲折の末、全員女になったのは何だか感慨深いです。

男二人。ヴューラは無難な感じ。
いかにも女の子なフロエの男姿とか想像できなかったけど、
予告に映ってた男フロエが格好良すぎて噴いた。


放送開始前にはあれだけ性別化が不安だったのに、
何だか卒業式みたいな感じで穏やかに見ていられました。
それぞれの選択とかに不満は無いけど、
もう戻れないという実感が急激に湧いてきて、なんだかしんみり。

アイキャッチのマミーナ切ないなぁ(つД`)
最後のネヴィアー脱出シーンで敵の巫女様達が助けてくれたのを見て、
無駄死ににはならなかったんだなぁって思えてちょっと嬉しかったです。
遺体は結局あのまま?っていう気持ちは拭いきれないけどw
先週、ロードレがマミーナの遺品を届けるっていう話をしてた時も
やめて遺体届いてないのバレちゃうやめてとか思っちゃったしw


まぁ、そんなこんなで最近の話の中では25話が一番好きかも。
でも一番萌えてしまったのがアヌグラだったよどうしようorz
殆ど存在していないはずの腐女子脳が反応してしまいました。
某ASさんのブログ見ると凄く気合いの入ったシーンだったようなので、仕方ないかな。

最終回は余裕を持ってまとめてくれそうですね。
設定関連の謎は投げっぱなしが多そうだけど。
美しければそれでいいかw

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winbe.blog23.fc2.com/tb.php/223-eab16d25

[感想] シムーン 第25話 「パル」

 冒頭の泉でのシーン、パライエッタの「私たちはおちてゆく。おちてゆかなきゃならない」という言葉を聞いて、坂口安吾の『堕落論』を想起した。そぐわないようでいて、奇妙に符合しているように感じるのだけれど、どうだ

レビュー・評価:Simoun シムーン/第25話 パル

品質評価 35 / 萌え評価 15 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 40 / お色気評価 90 / 総合評価 31レビュー数 20 件 泉に向かった少女たちの前にユンが現れる。少女たちは手に手を取って泉に浸り、アルクス・プリーマへと戻ってくる。嶺国側にアーエルとネヴィリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。