スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストパニ 小説版2巻、PS2版 

なんか最近のカテゴリ割合見てるとまるでストパニブログのようだ(;´Д`)

■ 小説2巻
1巻の感想でハートマークが嫌だとか書いた記憶があるんですが、
いざハートマークが無くなってしまうと何だか物足りなくて寂しい。
そんなストパニクオリティ。

千華留様好きとしては、策士カワイいさを存分に味わうことが出来てそれだけで十分。
黒いけど別に悪人って感じでは無いのは人徳?

夜々様は今回も正統派に百合キャラしてました。
友情と愛情の狭間で葛藤ってよくあるシチュだけど、
ストパニみたいに完全女だらけで周りも♀×♀ばかりだと
なんだか悩んでる夜々様が別の意味で可哀想になってきたり。

光莉も光莉で、プールで夜々様に「ずっと守ってあげる」とか言われて
身を任せて愛撫受け入れたりもしてるのに
まるでスルーして天音と逃亡駆け落ちしちゃうし、もうねorz


■ PS2
とりあえずゲームでくらい夜々様を幸せにしてやるぜ!
とばかりにプレイし始めたは良いものの、空気が合わず最初の数日で既に挫けそうです。
アニメ版のあざとさや小説版の電波さはそんなに気にならないのに。

ギャルゲをプレイする時って仲良くなる過程を楽しみたい人なので、
初日から理由も無くハーレム状態なのがどうにも耐え難く。
しかもその度に「ドキドキしちゃう……」とか('A`)

そういえば普通のギャルゲでも、最初から主人公に対して好感度の高い
幼馴染みキャラとか妹系キャラって苦手。

個別ルートに入ったら面白くなるとかいう話も聞いたので、
頑張ってプレイしようと思います。
夜々様と千華留様くらいはクリアしたいです。

個人的に一番期待していた沢城玉青は、
もはや清水玉青に慣れすぎてたせいでいまいちな感じでした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winbe.blog23.fc2.com/tb.php/218-aaa97e48

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。