スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞-乙HiME 第25、26話 

最終回よりも25話の方が楽しめたので、
結果的には2話同時放送で助かったかも。

尺の問題とか残った謎とか文句を言いたくなってしまう部分はあるけど、
とりあえずはトモエ様とニナが生き残ってくれたので良かったです。

最終回前にOVAが発表されていたことによる心の余裕も影響してそうw

■ 第25話 「蒼天の乙女」
トモエさま大暴れ。 中の人の弾けっぷりも凄かった。

■ アバン
ハルカが出てくると熱苦しいくらいに燃えますね。
アインがカーラに 「准将のペースに巻き込まれないで」と冷静に言ってるのに笑った。

■ 反乱軍ガルデローベ侵入
サラの出番が微妙すぎるorz
台詞が無いだけでなく、ほぼ背景で立ってるだけですか。

シズルに再会した時のナツキの表情が、
飼い主が帰ってきた時の犬みたいに嬉しそうで萌え。

■ ナツキのエレメント

小回り利かなさそうな、ごっつい長距離砲とか大好きなので燃えました。
しかも 「ロード シルバーカートリッジ」 の声付き(*´Д`)

格好良い見せ場を貰ったかと思えば、直後に准将にヘタレ呼ばわりされてましたがw

■ トモエ様
あぁ、やっぱりシズルからあっさりと切り捨てられてしまったか。
シズルの言ってることそのものは至極正しいけど、
声や表情がもう完全に敵に対するそれでちょっと寂しい(ノ∀`)
13話の時点ではそれなりに気にかけてくれてた感じだったのに、
忠告も受け止めず突っ走った挙げ句に脅迫で肉体関係迫るようじゃ自業自得かorz

それでもシズルには、 前作の経験を踏まえて成長した感じで、
年長者としてトモエを修正してくれることを少し期待していました。
踏破試験の時のニナへの態度とか見るとちゃんと大人だなぁと思ったし。

トモエ様がシズルの裏切りを知ったら逆ギレしたり絶望したりするかなぁと期待してたけど
ちゃんとわかってたみたいで、冷静な感じでしたね。 思ったよりバカじゃなかったか。


ついにトモエ様が殺っちまったー!と思ったら、 チエさん割と平気そうで安心。

「私が少しでも素敵だと思った人、みんな私を裏切るのね」 に萌えました。
チエお姉様のどんな所を素敵だと思ってたんだろうw

立て続けに素敵だと思ってたお姉様2人に裏切られたのは
少々可哀想な気がするけど、これもまたトモエ様が悪いからなぁ……。

トモエ様を裏切らないのはミーヤだけだから、
だからたとえゴミクズでもミーヤを愛してあげてください。・゚・(ノД`)・゚・。
まぁ、 ミーヤの場合は裏切らないというよりも裏切れな(ry


アリカだけでなく各国マイスターや五柱を前にしても
トモエ様のはっちゃけ振りは変わらず。
ここまで来ると笑いを通り越して、 もう一度格好良く見えてきました。
スレイブに乗り、皆を見下ろす姿もなんとなく様になってるし。
自らわがままお嬢様っぷりをさらけ出したりと相変わらず恥ずかしい発言ばかりだけどw


凄い鬼面と叫び声で、終いには血と怪しいオーラを出しながら
アリカに向かっていくトモエ様は最後まで愚かに輝いてました。
最後がアリカなのはちょっと残念だったけど、
シズルとの絡みがあっさり終わっちゃったから仕方ないかorz

生身であの高さから落ちても死ななかったトモエ様は頑丈すぎですね。
最近すっかりお笑いキャラになってしまってたけど、ギャグ体質に救われるとは。
まさか最後のお姿が腰を押さえてる姿になるなんてw

せっかく生き残ったのに最終回では完全スルーだったのが残念。
改心も反省もしていないという今後の身の振り方が気になるキャラなのに。

■ マスターとオトメの関係
フィア好きとしては、マスターに忠実であるオトメというのが
真っ向から否定された感じで少し悲しかったりw
アバンで格好良いこと言ってたラウラまですぐに感化されちゃうのかorz

■ アリカとレナ
いつもあまりアリカには触れてないけど、
母との悲しい初対面の場面は普通に良かったなぁと。
BGMにも騙されてるかもw

オトメの遺体を母胎にしてGEMを産み出すという真祖のシステムは
死してなおリプロダクティブライツが侵害されてるようで気持ち悪いし、
レナが解放される場面は爽快でした。
でも、シュバルツ&アルタイがレナにした事と
ガルデローベがフミさんにしている事にどういう違いがあるかよくわからない(;´Д`)


■ 第26話 「Dream☆Wing ~夢の在処~」
Bパートに入ったあたりからずっと時計を気にしながら視聴してた気がします。

■ ナオ

エレメントもまた微妙な感じでorz
でも「アリカ、ニナのこと任せたよ」 で久々にナオニナ感じられたので良し。
声がなんかナオっぽくなかった気がしたけどw
アカネとのやり取りも面白かったです。

■ アリカとニナ
宇宙に上がる前の 「全てを犠牲にしても、たとえ世界全部と引き替えにしても、
私はあの人が欲しい!」 の台詞に萌えたりしていたので、
アリカにあっさり説得されてしまったのは少々拍子抜け。


前期OPのシルエット姿に変身した後のニナが格好良かったです。
登場時間少なかったのが残念。

裸で抱き合いながら大気圏突入は笑う部分ですよね。

■ エピローグ
ニナに救いがあり、綺麗にまとまってたのは良かったけど記憶喪失ENDかぁw
親子関係とかセルゲイの過去とかそういうのを
ちゃんと乗り越えたり背負ったりして欲しかったかも。

髪を下ろしたニナが好きだったものとしては
ショートになってたことが地味にショックでしたorz
セルゲイは格好良くなってた気がします。主にヒゲ。


ラストが懐中時計の写真だったのは切なくて良かったです。 3人の絆萌え。

エルス復活しなかったなぁ……。
手紙まで残しといて生き返ったら白けるだろうなと思いつつも
どこかで少し期待していたような気がします。
死にそうなキャラを好きになることが多いので慣れてるつもりだけど
このシリーズの場合は前作が前作だし。

最後に。
結局ミーヤ帰って来なかった━━━(゚A゚)━━━ッ!!
月組のキヨネでさえ最終回にはちゃんと再登場してたってのに。
これはミーヤ好きに対するスタッフからの愛ある放置プレイですか。
このままじゃ何かに目覚めてしまいそうですorz

最終回感想の締めがミーヤになってしまった……。
そのうち総括的な(キャラ)感想なんかも書きたいなぁ。

コメント

終わっちゃったよorz

眠い中感想おつ。
トモエ様は悪役暴走っぷりが輝いてましたね。
何かギャグキャラ化してるけどw


>シズルに再会した時のナツキの表情が、
>飼い主が帰ってきた時の犬みたいに嬉しそうで萌え。
あれは可愛かったし萌えた。
が、しかし、性悪ぶぶ漬けに騙されてる無垢な少女みたいで悲しくなった。

>チエお姉様のどんな所を素敵だと思ってたんだろうw
ハスキーな声、センスの良さ、距離感のバランス、知的だけど厭味じゃなく、
適度に包容力もあり、ボーイッシュだけど女の色気もある、
あぁ、抱かれたい(*´д`*)  ……と、トモエは思ってたはず(笑)
私はトモチエも萌えるな。これは結構前から言ってたよね。

>アリカに向かっていくトモエ様は最後まで愚かに輝いてました。
ワロスwww

>いつもあまりアリカには触れてないけど、
>母との悲しい初対面の場面は普通に良かったなぁと。
あ、私も。あの場面はちょっと涙目になった。

>BGMにも騙されてるかもw
ワロスw

>そのうち総括的な(キャラ)感想なんかも書きたいなぁ。
めっちゃ楽しみ!!!!
ま、どうせトモミーばっかでしょうけどw


言いたい事はうちの記事とそのコメントの返事に書いちゃったからアレだけど、
・ミーヤ
・トモシズナツ
の2点がなかったのは、残念でした。
これを期待してた人は多いと思うんだけどなぁ。


それと、ガチレズは性格悪いみたいな偏見でもあるのかね(苦笑)
男を愛したキャラ(アカネちゃん、ニナ)は、紆余曲折しつつも報われてるのに、
シズルやトモエは想いは一方通行で報われないし、性格は卑怯で性悪で小物だし。

スタッフには男性が多いから、こういうことになるのでしょうか?

紗子さんも舞-HiMEの時に「女性に対する斜めの視線を感じる」
というようなことを言ってたけど、私もそんな感じがした。
女性軽視と同性愛軽視がダブルでキターって感じ?

たかがアニメ、あまり考え過ぎるのは良くない?
のかもしれないけど、この点が不快でした。

jellyrollさんへ

>性悪ぶぶ漬けに騙されてる無垢な少女みたい
こういう他のキャラやCPに対する悪意に満ちた書き込みは、自分のサイトだけでやっててくれないかな。
トモエの想いが報われなかったのが腹立たしい気持ちは解るけど、同じトモエファンから見てもこういうの不愉快ですよ。トモエファンの全てが痛いみたいに某所でアドレス晒されたりして、アンチシズルの荒しの工作のネタにもなっているし。

■ jellyrollさん
>ハスキーな声、センスの良さ、距離感のバランス、知的だけど厭味じゃなく、
>適度に包容力もあり、ボーイッシュだけど女の色気もある、
>あぁ、抱かれたい(*´д`*)  ……と、トモエは思ってたはず(笑)
ほぼ全部じゃないですかw
でも密かにチエお姉様に憧れるトモエ様は可愛いなぁ(*´Д`)
素敵だと思ってても、きっと素直に表現したり甘えたりは出来ないんですよね。
ミーヤがシホお姉様にべったりなのを見て、
ちょっと羨ましかったりムカついたりしてビンタして欲すぃ。

>ま、どうせトモミーばっかでしょうけどw
うは、バレてる!?
いやいや、どうせなら普段あまり触れられなかった
キャラのことなども色々と書きたいなぁと。

>・ミーヤ
>・トモシズナツ
>の2点がなかったのは、残念でした。
>これを期待してた人は多いと思うんだけどなぁ。
そこにしか期待してなかったと言っても過言ではないのにw

前作後半、静留のインパクトが強すぎて
主軸である舞衣の物語の印象が微妙になってしまった感もあり
百合スキー以外からは少し批判されてた感じもするので
最後までアリカ中心だった今作の作りは正しいんでしょうけど。

でも、これまで色々と絡ませてきたのに
最後があれってあっさりすぎorz

>それと、ガチレズは性格悪いみたいな偏見でもあるのかね(苦笑)
確か静留の時にもどこかで見かけた意見ですが、
同性愛の扱いがステレオタイプ的ですよね。

>男を愛したキャラ(アカネちゃん、ニナ)は、紆余曲折しつつも報われてるのに、
百合で報われたのはチエさんくらい?
まぁ、チエアオはアオイの方が本気じゃないっていうか、
あくまでも親友なのかなぁって雰囲気ですがw

>紗子さんも舞-HiMEの時に「女性に対する斜めの視線を感じる
>というようなことを言ってたけど、私もそんな感じがした。
このシリーズのヒロイン達はちゃんと女の嫌な部分を持ってて、
男に都合の良い女になっていない所は好感が持てるのですが
少々その部分が行き過ぎな気はしますね。


■ MANAさん
横レスっぽくなってしまい申し訳ありません。

>こういう他のキャラやCPに対する悪意に満ちた書き込みは、
>自分のサイトだけでやっててくれないかな。
単なるキャラに対する中傷というわけではなく、
好きだからこそ厳しくなってしまうんじゃないかなぁと思うので
(私自身、シズルに対してはそういった視点になってしまうし)
率直な意見をお聞かせ頂けるのは面白いので私は別に構わないですよ。

"性悪女"ではなく"性悪ぶぶ漬け"なあたりに
なんとなく微妙な心理を感じたりもしました。


ドラマCDでナツキがシズルに憧れていたことが明らかになったとはいえ、
現在の2人の関係がはっきりと語られていないので
あの場面の解釈は難しいですね。

私も、直前の「ナツキはうちが居ぃひんとあかんのやから」が
ナツキを自分に依存させるように仕向けてるように感じて
思わずシズル黒っ!と思ってしまいましたしw

ただナツキがシズルに寄せる想いがどういうものであるにしろ、
シズルを大切に思っているのは確かだと思うので
とりあえず感想の方では素直に萌えときました。


あぁ、いつのまにかただのシズナツ語りになってしまいました。
トモエのトの字も無いですね。 ごめんなさいorz

ういんびぃさんへ

レスありがとうございました。ここでの書き込みだけなら私もそう悪く解釈したりしないのですが、御本人のサイトに嫌いなキャラ一位シズルとかナツキはこんなのと一緒にいない方がいい等を見たので、つい過敏に反応してしまったかもしれません。それにここはういんびぃさんのサイトなんだから、ロム専の私がいちいち文句をつけるのもお門違いでした。申し訳ありません。

私はミーヤ→トモエ→シズル→ナツキ嗜好ですが、他の舞乙キャラ達もみんな大好きなので、あからさまに一部のキャラを叩くのを見ると悲しく思います。
苦手なキャラや納得いかない描写が有るとしても、罵詈雑言でなく表現を工夫
すべきなのではと考えます。

ういんびぃさんのシズナツ観が伺えて嬉しかったです。私はシズルの底知れぬ黒い部分もトモエの爽快なまでの自己本位ぶりも彼女達の魅力の一つと感じてるので、今回の描写にそんなに不満はありませんでした。ただトモエの悪意が当初からアリカよりナツキに向いていた方が面白かっただろうなぁと思います。ミーヤの再登場も願ってましたが、それがなかったのも残念。でもトモエがどんな形であれ生き残ったは嬉しい誤算。OVAとかに期待することにします。

ではまたロム専に戻ります。最後に重ねて今回はすみませんでした。

>MANAさん

>私はミーヤ→トモエ→シズル→ナツキ嗜好ですが、
>他の舞乙キャラ達もみんな大好きなので、
>あからさまに一部のキャラを叩くのを見ると悲しく思います。
私の場合、かなりキャラの好みに偏りがあったり
作品に対しても全肯定できない部分があったりで
つい特定キャラに批判的になってしまうことも多いので、
今後、そういったことには気をつけたいですね。

叩かれ気味なキャラのファンとかやってると、
どうもそのあたりの感覚が鈍ってきてしまうみたいでorz


>私はシズルの底知れぬ黒い部分もトモエの爽快なまでの自己本位ぶりも
>彼女達の魅力の一つと感じてるので、
>今回の描写にそんなに不満はありませんでした。
私もそういう部分は魅力だと思っていたはずだったのですが、
実際に見てみるとトモエに肩入れしすぎてるせいか
ちょっと悲しくなってしまいました。


>ただトモエの悪意が当初からアリカよりナツキに向いていた方が
>面白かっただろうなぁと思います。
アリカがそこまでシズルに構ってもらってるようにも見えないので、
トモエの行動が微妙に映ってしまいますね。

ナツキに対しては最初からある程度諦めてたのかなぁ。
シズナツは学生時代からの付き合いで同じ五柱という立場でもあるし。
自分と同じコーラルで、しかもぽっと出のアリカだからこそ
我慢できなくなっちゃった感じが。


>でもトモエがどんな形であれ生き残ったは嬉しい誤算。
誤算ってのに笑いました。
そうですね、ファンの間でも死亡が当然のように語られてたりしましたし。
しぶとく生き残ったんだから、OVAへの出演を期待したいところです。


>ではまたロム専に戻ります。最後に重ねて今回はすみませんでした。
普段、暴走気味に好き勝手書いてるので
色々と考える良い機会になりました。ありがとうございます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winbe.blog23.fc2.com/tb.php/183-70c41a8f

舞-乙最終回(゜Д゜)

最終回ですが、ちょっと辛口に書いてみました。(きっと、他の感想系ブログさんは最終回を色々褒めてると思うし。)※以下、毒舌苦手な方は華麗にスルーで。(私自身に悪意はありません。正直に思ったままを述べただけです。)真面目に感想書くのが馬鹿々々しいラストでした

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第26話 「Dream☆Wing~夢の在処~」

舞-乙HiME ガルデローベ学園スクープブックセルゲイ・・・優しい人・・・優しすぎる人・・・今はその優しさに感謝します・・・。と言うわけで、乙女の力を残していてくれたセルゲイ。セルゲイが意気地なしで本当に良かったですね(笑)。アリカとニナの最後の戦い、いよ....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。