スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUNSLINGER GIRL Image Album 「Poca felicita」 

GUNSLINGER GIRL Image Album「Poca felicita」

ポカフェリ製作週記 『銃ト少女ノぽかぽか日和』
Sound Horizon(Revo氏個人ページ)
GUNSLINGER GIRL アニメ公式

作曲者、原作、そして声優(主に侑香さんハァハァ)が好き、 というこのアルバムを一番楽しめる人種なので最高でした。 いつもながら途中での曲調変化が激しくて、視聴段階ではそれほど好きじゃなかった曲も実際に聴いてみると良い感じ。

各キャラの印象的な台詞やシーンがそのまま歌や語りになってる感じで、 聴いてると原作のシーンが浮かんできて哀しくなってきますね。 作品全体に流れる空虚感や悲劇性が強すぎて、「小さな幸せ」や前向きさが逆に切ない。


このアルバムを聴いてからSound Horizonのアルバム聴き返したり、曲中の叫び声を聴いてCoccoを思い出して久々に聴いてみたり、なんか最近人死にソングばっかり聴いてる気がします。 冬、特に年末は暗い詞の世界観に浸りながら鬱な気分になったり凹んだりするのが心地よいです。
……なんかヤバイ趣味だなぁorz


気に入った曲(キャラソン)は
アンジェリカ > トリエラ > ヘンリエッタ > クラエス > リコ > エルザって感じ。
イタリア語曲やインスト曲も(*´Д`)ハァハァ

以下、曲毎に一言感想。ネタバレ有りで詞寄り。

1. La ragazza col fucile
曲そのものもメチャクチャ格好いいんですが、このアルバムのメインテーマ?らしい
「彼女が明日天に召されるとしても その空は変わらないだろう」
ていう世界観が好きです。

3. Lui si chiama... / ヘンリエッタ (南里侑香)
ヘンリエッタ声あまり好きじゃなかったし(奈緒の「反吐が出んだよ!」に萌える人間です)、歌が上手過ぎてNGが出たなんていうエピソードもあったので不安も微妙にあったのですが
微妙な辿々しさを織込むことによって、ヘンリエッタが懸命に頑張って歌っている感じが出たのではないかと思っています。
ヘンリエッタが健気で萌えました。ジョゼさんの名前を呼びすぎだけどw

後半の畳み掛けるような曲と詞の盛り上がりも切なくて。
「誰かの代わりでも貴方の特別になれますか?」 とか良いですね。
全体的にエッタの高感度アップ。

4. La principessa del regno del sole / リコ (三橋加奈子)
かわいい声と楽しい曲調で歌われる
「政治家の暗殺 現場の下見 逃走経路の確保」 にワロタ

原作同様にあっけないエミリオ射殺シーンはやはり物悲しい。

5. Biancaneve bruno / トリエラ (仙台エリ)
メロディ的には一番好き。

「よくも私を撃ったな……。ヒルシャーさんのくれた大切な銃で
―― 許さない……絶対に許さない!」 の声萌え。

7. Claes tranquillo / クラエス (小清水亜美)
原作で一番好きなキャラなので、やっぱり詞が好きです。
「そしてなにより私は 無為に時を過ごす喜びを知っている」
「書き換え可能な『命令』じゃない... 血の通った『約束』」

最近、ニナの影響で小清水亜美の声が結構良いと思い始めました。

8. La principessa del regno della pasta / アンジェリカ (寺門仁美)
視聴で聴いた「アーンジェリカ アーンジェリカ」の部分が好みだったので一番期待してました。 その他の部分のメロディや曲全体の展開もかなり好みです。
詞も静かだけど哀しくて、集中して聴いてたらちょっと涙腺緩みそうになる(;´Д`)

9. Io mi chiamo... / エルザ (能登麻美子)
「貴方を愛し屠る」というエルザのキャラ性は好きだし
曲も良いんですが、能登さんの声が印象強すぎて……(つ∀`)

曲中の「ラウーロさーん!」の叫び声、何度聞いてもビビります。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winbe.blog23.fc2.com/tb.php/135-783aa938

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。