スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどか☆マギカ 漫画3巻 

さすが杏子好きを公言してるハノカゲ氏。杏子かわいい!杏まども和むなぁ。
期待されてた杏さやのオリジナルシーンもかなり良い。
アニメ9話→公式魔女図鑑「もう何も届かない」の絶望感も良いけど、明確に救いが描かれるとほっとします。 思わず一瞬、あれ、これ公式コミックだよね?杏さやの薄い本じゃないよね?とか思ってしまったけどw

10話は大体アニメと同じ感じだったけど、尺足りないし仕方ないか。1周目まどかさんを見つめるメガほむが完全に恋に落ちた乙女でした。あと3周目でまどかを慰める時に抱きしめてるのがおいしい。そしてワルプル戦後のまどかさんが可愛すぎてやばい。あんな良い笑顔で介錯のためにSG差し出されたらそりゃあもう誰にも頼らないモードになるよ。しかし改めてここの名前呼びイベントが悲しすぎる。割とどんな作品でも名前の呼び方の変化を重要視しながら見てるけど、こんな悲しいのは初めてです。メガほむは本当はずっと前から名前で呼びたかったんだろうなぁ。

リボほむの髪型変更はアニメと漫画どちらが良いか微妙……。
まどかのいなくなってしまった世界で
まどかが残してくれたリボンをつけて
まどかと同じツインテにして
まどかの魔法少女服みたいな私服を着てるほむらは何だか凄く病んでるように見えて怖いけど、そこがいい、気もする。 そんなほむらを見守りながら、女神まどか様も少し罪悪感を覚えつつ暗い喜びを感じてしまってたりすると萌える。

エピローグのまどほむオリジナルシーンは読後感も良くてアニメより好きかな。円環の理に導かれて、まどかとほむらは別次元で少女のままこれかもずっと一緒なんて胸熱。

アニメ最終回を観てからもう1ヶ月以上たつのに、まどほむへの愛がどんどん高まってきて生きるのが辛い……。さぁ次はおりこ2巻だ。

魔法少女まどか☆マギカ (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/05/30)
原作:Magica Quartet、作画:ハノカゲ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

魔法少女まどか☆マギカ BD2巻 

特典サントラ素晴らしいです。曲名ラテン語なのでさっぱり覚えられないけど。 やっぱり営業のテーマ(仮)とマミさんのテーマ(仮)が抜けてる感じ。 早く残りの巻の特典でさやかのテーマ(ストリングス)、オクタヴィアちゃんのテーマ、11~12話あたりの曲が聴きたい。

本編はやっぱりマミさんの戦闘シーンいい……。最終話まで観終わった今でも3話のマミさんの戦闘が一番好き。銃キャラの近接戦闘萌える。しかし、おりこ読み終わった後で3話見ると、余計に悲しい。「一人で普段通りに戦ったらシャルに勝てるけど、本編では仲間が出来て浮かれてたから死にました」って相変わらず設定が鬼畜すぎる。

そして4話はなんと言ってもほむまど下校シーンの会話がもう。まどかと仲良くしない事が本編ループのコンセプトっぽいのに、それでもまどかのフォローにまわるほむほむマジほむほむ。コメンタリーで言ってた、「普段は頑張ってツンしてるけどまどかと二人きりだとガードが緩んじゃう、緩むとまどかが調子に乗る」っていうのがほむまど好きにはおいしい話でした。中の人がそういうこと考えながら演じてくれてるから、冷たくしてても声が微妙に優しかったりして良いんだよなぁ。

なんか友達になりたいのに、なぜか冷たくされて仲良く出来ないっていうのが自分の百合的萌えポイントなのかなと最近思いました。

涼宮ハルヒの驚愕 読了 

特別ハルヒが好きって訳でもないけど、4年も延期されたせいで妙に楽しみにしてました。
分裂の内容ほとんど忘れちゃってたから、発売前に読み返しとけば良かったな……。
とりあえず、佐々木が好みでした。初回特典の冊子も佐々木メインで俺得。
分裂読んだ直後は京子×佐々木を妄想してちょっと萌えていたりしたのを思い出した。
でもレギュラー化は無さそうで残念。早く分裂~驚愕アニメ化しないかな。
でも映像化しちゃうと、実は女でしたっていうあのサプライズは無くなっちゃうんだよなぁ。

魔法少女おりこ☆マギカ 1巻 

ちなみに同時発売のかずみ☆マギカの方はなんかテンション高くて合いませんでした。
噂だと4話から面白くなるらしいのでそれに期待……。

で、おりこ☆マギカですが、完全に杏子☆マギカですありがとうございました。
絵柄に癖がありすぎてちょっとどうかなと思ってましたが、とりあえず一応公式で本編キャラの新しい描写が見れるとそれだけで楽しい。

杏子 → 良いお姉ちゃん。マジ聖女
マミさん → 幼女にスカートめくられてマジ泣きかわいい
ほむら → 駄目だこいつまどかしか見えてない
ゆま → 杏子を絶望させるために悲惨な死に方しそう……。
キリカ → 公式ガチ百合キャラktkr。おりことの病んだ幼馴染共依存百合期待。
おりこ → まだよくわからない

そして最大の収穫はクールほむがまどかと普通に友達やってるループがあったこと。妄想の幅が広がりんぐ。 おりこがもし4周目ループの話だとしたら3周目の「馬鹿な私を助けてあげて」直後な訳だし、まどかを保護するためにマミさんに対して「私達に接触しないで」とか言っちゃうのも納得なんですが。っていうか私「達」って言い方だけでもう萌えてやばい宇宙やばい。2巻表紙でまどかを後ろから抱きしめてるほむらのちょっと病んだ感じとか今から楽しみすぎる。

メージュのまどかの中の人のコメントがまどほむ過ぎてやばい 

「愛してくれてありがとう」とか「恋愛とか友情を超えた相互依存関係」とか、
百合厨じゃない人から見てもそういう風に見えるのかっ…!

概念化後のまどかは人智を超えた存在になってしまったので、その気持ちを想像することも難しいから、つい置いて行かれたほむらの事ばかり考えてしまうんですが、今回のインタビューでまどかの気持ちが補完されてちょっと救われた気がします。

基本的に博愛型で自己犠牲精神に溢れたまどかが、3周目や最期みたいに対ほむらに関しては呪いとも言えるような約束をするちょっと重い女っぽいのがなんだか萌える……。

あと新房と虚淵のインタビューで「まどかが主人公でほむらがヒロイン」ってのも良かった。

まどかが世界を変える決意ができたのは、ほむらちゃんという絶対の信頼をおける、 ずっと自分を愛していてくれる存在がいたからだと思います。 きっと残されていく方が辛いから、ある意味まどかは最期も、ほむらちゃんを頼ったのではないかと。 だからほむらちゃんには、まどかを愛してくれて、甘えさせてくれてありがとう! そう言いたいです。 ずっと切なさを背負って生きる彼女の姿は、まどかからみて、頼れて、けれど愛しくて……そんな印象だったのではないかと思います。 恋愛とか友情を超えた、相互依存の関係ってすごい……!


Fate/ZEROに梶浦由記きた 

Fate本編よく知らないからスルーしてたけど読もうかな…
とりあえずサントラ単品販売お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。