スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハトプリ 39話 

OP映画映像のムーンライトさん格好いい。敵を哀れむような視線にゾクゾクします。 映画観たいなぁ……カモフラージュ用レンタル幼女システムとかあればいいのに。 プリキュア映画はDVD化遅いみたいなので辛いです。

Aパート開始数十秒で「変身するよ!(キリ」とか言って変身した挙句
やる事が必殺技使って自室の掃除ってえりかフリーダムすぎて可愛い。

全体的にプリキュアと妖精達がイチャイチャしすぎな回でしたが、 心温まる光景なはずなのに、つい妖精死んじゃったムーンライトさんの事を考えて切なくなるのは何故なんだぜ。 ムーンライトだけイチャイチャ分が足りないのは不公平だから、代わりにもも姉と絡んでデレた姿を放映すべきだと思います。
スポンサーサイト

フレッシュプリキュア再放送視聴終了 

週5放送で放映期間が短いため終わってからまとめて書こうと思ってましたが
ハトと平行して見てました。そしてハマってました。
キャラデザ的にはハトより好きです。多分歴代プリキュアの中で一番好き。
深夜アニメでも通用しそうですね。みんなスタイル良すぎて中学生に見えないけどw
特に変身後の腰とか脚とか大変けしからんと思います。

キャラ的にはイースがかなり好みでやばいです。 リアルタイム放送時にも「敵がプリキュア化して主人公と同棲」というのを 風の噂には聞いてましたがこんなに素晴らしいものだったとは。 百合を置いておいてもキャラデザ的に銀髪赤目黒ボンテージ衣装となかなか好みだし、
ストーリー的にも敵女幹部の寝返りとか大好物。

利用するために正体を隠して主人公に近づき、 内心で「馬鹿な子」とか言いつつ友達付き合いを続ける内に段々と惹かれていくけど本人は気づかない、 気づいても認められなくて混乱してとりあえず変身して町を破壊しちゃうとか可愛い。 最終的には優しさに耐えられなくなって自ら正体暴露して拒絶しちゃった感じですけど。
19話~22話で触手に責められつつ苦悶の表情と声で戦ってる姿は朝アニメとして大丈夫なのかちょっと不安になりましたが、 どこかで「プリキュアは深夜32時半アニメ」と言われているのを見たのできっと大丈夫なんでしょう。深夜32時なら仕方ないな!

主人公のラブさんは真っ直ぐで馬鹿だけど漢前で素敵だと思います。戦闘シーンの表情とか凛々しくて惚れそう。 まだイースの正体を知らない段階で敵であるイースを身体張って助けるとかイケメン過ぎるだろう。 金髪ツインテールでピンク衣裳なんて女の子らしい外見なのに、ファンから兄貴呼ばわりされてるのも納得です。

そしてイース編クライマックスである23話のピーチ VS イース回は神回でした。
雨の中で泣きながら会話しつつ殴り合い → 相打ちで大の字になって会話なんて今時少年漫画でもやらないような暑苦しい展開を幼女向けアニメで見られるなんて。 バトル開始前の会話で、正体バラしてオワタ\(^o^)/って開き直ってるイースに対して ピーチが「今でも友達だと思ってるよ」って押し付ける訳でも無くサラッと言う所も好きです。 一瞬動揺しちゃうイース様可愛い。 その後に「お前のそういう所が頭に来るんだよ」とか言ってたけど、 戦闘中の「お前といると私の中の何かがおかしくなって行く」って台詞と合わせるとツンデレ乙としか思えない。

イースがキュアパッションになっても「私は手を汚しすぎた」とか言ってすぐには仲間にならなかったり、仲間になってからも個々のメンバーと親しくなる話や桃園家に受け入れられる話があったりとなかなか丁寧だったと思います。特にラブ母との絡みは泣ける。

基本的にはやはりイースが好きなので後半のせつな/キュアパッションよりも前半のイース編が好きですが、イースだと思いながらせつなを見てるとふとした拍子にイースらしさを感じる言動があったりして楽しいです。せつなだと思いながらイースを見るのもまたしかり。生真面目でちょっと思い込み激しい所なんかは変わってない感じで愛しいです。

やばいイース語り長くなりすぎた……。
1年遅れの視聴ですが、これから色々とイース関連のフィギュア等も出るようで、誘惑がひどいです。 ↓のアルファオメガのイースフィギュアは腋、太股、へそチラと俺得すぎる。一人暮らしだったら迷わずポチるのに……
「フレッシュプリキュア!」 イース (PVC完成品)「フレッシュプリキュア!」 イース (PVC完成品)
(2010/12/25)
アルファオメガ

商品詳細を見る

デフォルメされたフィギュアならセーフかなとも思うけど、ピーチもセットで欲しくなるのが悩ましい。 でも今後ムーンライトも出るみたいだし色々と揃えるのもありかな……。
chibi-arts イースchibi-arts イース
(2010/12/31)
バンダイ

商品詳細を見る
chibi-arts キュアピーチchibi-arts キュアピーチ
(2010/12/31)
バンダイ

商品詳細を見る

(何気に画像使ったの3年振りとか我ながらやる気の無さにびっくり)

MXのフレッシュ再放送も終わり、今週からスプラッシュスターの再放送が始まりましたがそちらも視聴してます。 舞がツリ目なのに性格キツクない所が新鮮で良い感じです。 眉毛も太くないし、シリーズ屈指の美人さんだと思います。 この作品でも敵の女の子二人組が主人公達と友達になって味方化する展開があるらしいので楽しみです。

舞-HiME戦 単行本発売 

公式サイトに完全にスルーされてるのが泣ける。

HiMEの約半数をリストラしてもなおダイジェスト感が漂ってますが、完全に黎人×舞衣の話になってるので、メディアミックスとしてはなかなか面白かったです。自分が楯あまり好きじゃない&敵対カプ萌えなせいか、舞衣絡みの恋愛はこっちのが好きかも。ラストバトルで告白しながら戦って洗脳解除とか恥ずかしくていいですよね。それはともかくとしても、美袋家の話とか黎人の葛藤とかはアニメ本編でももう少し描くべきだったような気がする……。

打ち切りっぽい消化不良な最後だったので初見では気づかなかったんですが、これ死んだHiMEや想い人の復活描写無いですね。ゲーム版に続く鬱エンドか。その他の場面でも拓海の腕が千切れてるように見えたり、鉄筋が命の胸を貫通して血まみれになりながらそのままガチ死亡とか何気にグロい描写多い気がします。

そして漫画を読んだ後、久々に舞-HiME(20話以降)を見返したりしましたが、やっぱり無印後半の展開は素晴らしい。静なつ奈緒以外は結構忘れてるシーンもあったりして懐かしかったです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。