スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロベリー・パニック 第12話 「夏時間」 

開始早々に夜々様(88の帽子ダサいorz)と千華留様(お嬢様っぽくてかわいい)が
帰省してしまい、しょぼくれながら視聴開始。

予告だと玉青メインの話なのかと思いきや、激しくエトワール×渚砂が進展。
小説や漫画だと玉青は家の問題が何かありそうな感じだったので、
そういうのが描かれるのかと思ってたので少し残念だったけど、
何か今回はエトワールがちょっと良い感じでした。
天音や玉青のリボンを見て敵対心を剥き出しにしたりと、
余裕の無い人間っぽさが出てくるとやはり魅力的に見えてきますね。

で、これまで散々じらされて来ましたが、ついに寸止め突破で水中キス。
そのことを回想しながらシャワーを浴びる渚砂……ってエトワールの部屋ー!?
先にシャワーを浴び終わってからもベッドに腰掛けて所在無さそうにしてるし、
いきなり普通に一線突破しちゃうのかと思ってちょっとドキドキしましたw
押し倒されて手首押さえつけられて戸惑ってる表情とか、
軽く胸触られただけで反応しちゃったりとか、渚砂エロいよ渚砂。

エトワール×渚砂も意外に良いかも、なんて思ったけど
翌日の玉青との絡みを見るとやっぱり玉青×渚砂の方が好きだなぁと感じてしまうorz

来週は久々に蜜蜂コンビも登場してのスピカメイン話っぽいですが、
予告に夜々様の姿が無いのはどういうことかヽ(`Д´)ノ

スポンサーサイト

シムーン 第12話 「姉と妹」 

これまで姉さん大好きなただの危ない子かと思ってました。 すまんかったアルティ。
そうか、別にそういう関係を望んでる訳じゃないのか……。
あの夜のことも姉を慰めたい一心によるものだったのかと思うと、
そのせいで拒絶されちゃってるのは切ないですね。
いつかの回で部屋に誘ってたのは、単に話し合う機会を持ちたかっただけなのかな?

これまで口にしていた、好きな人のために男になりたいっていう感覚が
いまいちピンとこなかったのですが、それも単に自分の強さに自信が無くて、
姉を守れる力が欲しいからっていうだけみたいだし。
あぁ、なんか滅茶苦茶良い子なんですけど(つД`)

反対に、「悪くない」を繰り返すカイムは見ててちょっとイライラしてしまいました。
パラ様との絡みは好きなんだけど、姉妹絡みとなるとアルティに同情してしまうせいで
どうにもあまり好きになれないですね。

アルティを連れ戻しに走り出した時にはそのまま急展開で一気に
解決まで行ってしまうのかと思ったけど、まだこの姉妹の話は引き摺るみたいで。
どうなることがこの姉妹にとって本当に幸せなのかよくわからないけど、
この展開はこれはこれで楽しみ。

舞-乙HiME superH 完全版 

追加ページは全部マシロくん絡みですか。
なんて言うか、トモエ様ファンもマシロくんファンも別に二人の絡みは
あんまり期待してなかったと思うのですがorz

感じてるトモエ様はかわいいけど、責めてるのがミーヤだったりしたら
この38乗倍くらい萌えられたのになぁ……。

台詞はエロー!と思ったけど、
「 これからこの下にある あなたの秘密と (恥ずかしいので以下略) 」
って発想がちょっと百合っぽくないですね (´・ω・`)

キミキス 

ようやくプレイし始めました。
もちろん二見瑛理子(CV:田中理恵)目当てで。
中の人が田中さんで、 外の人がストレートロングでIQ190の孤独を愛する天才少女。
というわけで、発売前から超好み(*´Д`)ハァハァ
実際に始めてみても、段々と心を開いてくれる過程とかが堪らない。

あぁ、でも久々に普通の学園物のギャルゲやったから、青くてとにかく恥ずかしいorz

ゲームシステム的には苦手なタイプなので (行き先選択とか面倒)
二見さんクリア後もプレイする気力があるかどうかは不明です。
メインヒロインの小清水キャラは頑張ってプレイしようかなぁ。
大人しい感じのヒロインって苦手なんだけど、ルックスは好みだし。

今月末に運命の系統樹PC版が発売されたら
おそらくそっちにかかりきりになってしまうと思うので、
早めにキミキスに一段落つけたいところ。


キミキス
  • キミキス
  • 発売元: エンターブレイン
  • 発売日: 2006/05/25
  • 対象: PlayStation2

honey & honey 

作者さんの実体験らしいので女同士でも百合って感じはあまりしないし、
絵柄的に萌えるって訳でもないんですけど、
日常っぽいほのぼのした雰囲気やギャグが面白かったです。
世間体とかのちょっと重い話題でも、さらっとしてますし。

しかし一応百合系っぽいブログなのに、女同士のあれこれよりも、
FtM関連のお話を面白く感じてしまいました。 (面白いっていうと失礼か。興味深い?)
ヒゲとか生やしてるような人でも親バレは嫌なんだ、とかw
恋愛関係以外の日常生活でも色んな問題がありそうだし、
LGBTって事で一括りにされることも多いけど、
ある意味、一番大変なのかなぁなんて思ってしまったり。


http://www.comic-essay.com/tachiyomi/takeuchi01/index.html
http://www.comic-essay.com/prize/honey/index.html
(公式サイトにあった中身紹介ページや連載前の応募作品とか)

honey & honey
  • honey & honey
  • 作者:竹内 佐千子
  • 出版社: メディアファクトリ-
  • 発売日: 2006/04/07

シムーン 第10話 「籠の鳥」 

マミーナが突然楽しそうに料理してたり、ネヴィリルにも素直に謝っちゃったりと、
いきなり丸くなってしまった感じで最初はちょっと??だったのですが、
ロードレアモンに対しては相変わらず超ツンツンで萌えw

ロードレアモンも、これまではマミーナのお相手役としてしか興味無かったけど、
結構かわいいですね。 ぬいぐるみの趣味が悪い所とか。
アイキャッチで抱いてたぬいぐるみ、超キモい(´∀`*)

断髪シーンはストーリーの流れよりも「非対称キタコレ!」と思わず反応。
来週から髪型どうなるのかなぁ。
OPの絵も差し替えて、ついでにユンを追加してくれれば良いのにorz

どうでもいいけど、マミーナ&ロードレ抜きで出撃していく時の
他のメンバーの組み合わせはなんであんなにバラバラだったんでしょう。
相手役不在同士、サジッタのユンとアウリーガのモリナスで組めば良いのに。
せっかくネヴィリルとアーエルがパルになったのに、他の人と組んでるしw
でも、スワッピングっぽくてちょっと興奮(ry

ストロベリー・パニック 第10話 「個人教授」 

昔、フランス語の試験の前に必死で二夜漬けしたことを思い出して切なくなりました。

ミアトル話だと玉青中心に見てしまうのですが、今週もなかなか面白かったです。
玉青の成績がクラストップという設定を聞いただけで、
飛躍的に好感度が上昇してしまった自分の単純さには呆れたけどw

渚砂がエトワールに勉強を教わることになって、嫉妬するのかと思いきや素直に歓迎。
目先の勉強会よりもその先のサマースクールってことですよね(*´Д`)

ゲーム版パッケージも玉青×渚砂だし、もう渚砂は玉青とくっついちゃおうよ。

今週はスピカもル・リムも全く出番無しかと思いながら見てたら
千華留様キタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!! しかもまた変な同好会作ってるしw
面白がって渚砂をからかってる感じだけど、優しいお姉さんっぽいのも可愛いですね。

さらに予告の怪しいサングラス姿。
なんだかやたら千華留様のキャラが立ってるのは、単なる贔屓目でしょうか。

シムーン 第09話 「審問」 

今週(もう先週だけど)もアルティが不気味で良いなとw
姉を人質に取った張本人は既に死んじゃってるのに、
「報いを受けさせてやる」とか怖いよ(;´Д`)ハァハァ
コール・テンペスト復活に関しても、泉に行きたがってる
アルティは素直に喜んではいないだろうし、今後の動向が楽しみ。
パラ様は吹っ切れちゃったようだし、マミーナはギャグキャラだしで、
今現在はアルティが一番気になるキャラになってます。

毎週アイキャッチを楽しみにしてますが、
グラ×アヌにまで萌えてしまってちょっぴり自己嫌悪orz

ストロベリー・パニック 第09話 「記憶」 

夜々様も千華留様も大人しかったので、ちょっと物足りなかったかも。
あ、でもベッドの中の渚砂を見て、初めてちょっと可愛いと思いました。
玉青おめでとうと言うよりは、同衾生殺し状態で大変だね、って感じですけどw

そして一応、静馬&深雪の中一バージョンにも素直に萌えておきました。
ロリぃ部分にはそこまで惹かれはしないのですが(いや、ホントに)
髪型が可愛くて。 現在の深雪は蓉子さまに見えてしまってどうにもorz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。