スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞-乙HiME アンソロ & DVD 第2巻 

■ 舞-乙HiMEコミックアンソロジー

全体の感想としては
  • トモエ様の出番が少ないorz
  • ミーヤ空気。 コーラルの中で唯一台詞無し?
  • シズル暴れすぎ、 変態すぎw
やはり主役3人+エルス、 シズナツ、 でぼユキが人気あるんでしょうか。

■ トモミー

カラーイラスト内の学生集合絵(ひろひろき氏)の1つだけかぁ……(;´Д`)

どーでもよさそうにミーヤを苛めてるトモエ様萌え。
トモエ様に苛められて泣いちゃってるミーヤ萌え。

口の端を引っ張られたくらいで泣くなミーヤw
でも顔赤くして泣いてるミーヤは可愛いので、
どんどん苛めてくださいトモエ様。

■ 気になった作品だけ一言。  (作者様 敬称略)

 マイナスオトメ / 寺蔵
「私もニナちゃんに思いっきり蹴られてみたい…(ハート)」
新鮮なエルニナでしたw

ニナの台詞がたまに男っぽいのが少し気になったけど。

 鼻血を出してこそ愛の戦乙女 / 黒瀬浩介
サウナでナツキを押し倒してる場面のシズルが色っぽい。
あぁ、 汗ばんだ肌……(*゚∀゚)=3

 汚れちまった悲しみに超人ガッツでエアリーズ / 内々 欅
トモエ様の台詞は3つだけですが、 シズルお姉様LOVEっぷりが可愛い。
頭の中シズルお姉様だけって感じで、 ちょっと変態。

この方の作品好きなので、 漫画そのものも面白かったです。
でぼユキやイリーナ萌え。

 降臨☆ぶぶづけプリンセス / ささき雅
暴走したシズルに食われ、 死屍累々のコーラル達。
その中で一際輝く幸せそうなトモエ様(*´Д`)
1コマで台詞すら無いけど。

密かに色々とヒドイ目にあってるニナが不憫で萌えました。

 がんばれ でぼちん / 広輪 凪
背景に1コマトモエ様。 隣にさり気なくミーヤ。
皆が准将に黄色い声を上げてるのに、トモエ様があまり興味なさそうなのは
やはりシズルお姉様一筋ということなのかw

 ニナの思うコト / 苺畑みなも
OP整列のトモエ様、 微妙なツリ目っぷり可愛い。

強めのフィルターを掛けて読むと、 ニナ→アリっぽくて萌え
(セルゲイ出てくる最後のページ除く)

 偽物とか偽物じゃないとか / ストライク平助
背景のシルエットにこっそりトモエ様っぽい影……って、
ここまでくると本当にどうでもいいなorz



■ DVD 第2巻

■ 特典映像: 「This Week's Armitage」
園児に求婚されて本気で照れる准将テラモエス
初めてハルカを可愛いと思ったかもw
これまで主に「面白い」という印象だったので。

アリカの裸を隠そうとするニナの動きや表情が可愛いです。
思わずスロー再生してしまった。
3~4話のまだツンモードなニナであることを考えると、更に萌え。

■ 本編
他に色々と消化しなければならないものがあるので
5話しか見ていないのですが、一言で言うとビンタ。

あと、 印象に残ってなかったんですがAパート開始直後の
「ご指導、 よろしくお願いします」 のトモエ様格好良い。
委員長属性を刺激されます。




舞-乙HiMEコミックアンソロジー
舞-乙HiME 2
  • 舞-乙HiME 2
  • 出演:菊地美香 他
  • 販売: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2006/02/24

スポンサーサイト

舞-乙HiME 第20話 

■ 第20話 「ニーナと呼ばないで」

トモエ様なかなか出てこないしまた予告に釣られたかと思ったら、
ラスト数分で凄い展開キターΣ(゚Д゚;)

最後のハルモニウムのナギとニナの会話が全く頭に残らないくらい衝撃的でした。
続きを読む

漫画版 舞-乙HiME 第27話 

■ 第27話 「別離の時」

27話でニナ主役、 今夜のアニメは「ニーナと呼ばないで」
相変わらずタイミングばっちりですね。

■ ニナ

雪のちらつく屋上で告白(未遂)っていうシチュがツボでした。
「だから私は」 の時の表情や、 マシロくんの後ろ姿を見送る表情が
可愛かったけど、切ないorz
アニメ版セルゲイとの関係と違って、 素直に応援したくなってしまうなぁ。

ニナにさり気なくアドバイスを送るナオが格好良かったです。
ナオニナ萌え。

■ トモエ×ミーヤ

うは、 相変わらずラブラブw (背景だけど)

トモエの左半身がよく見えないので微妙ですが、
ミーヤの左手の位置から察するに、 トモエの左腕に抱き着いてるんでしょうか。
公衆の面前でそんなにベタベタするかは疑問だけど、ミーヤの口元が妙ににやけてるし。
依存心強くて甘えん坊なミーヤまじ可愛い。
それをクールに受け止めるトモエ様ハァハァ。

二人だけ他のコーラル達より登場コマ少ないけど、
パーティーの主役のマシロ&アリカを放置して
画面外で二人でイチャついてたとポジティブシンキング。
送別の時も当たり前のように隣同士だし、 もうお幸せにって感じ。

ニナがマイスター就任してガルデローベを去るということは、
繰り上がりでトモエ様がコーラルNo.1になるのかな。
No.1だし傍らにはミーヤがいてくれるしお母さんは美人だし、なんて順風満帆。
目から汗が出てきそうだ 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

魔法先生ネギま! 126時間目 

■ 126時間目 「モーレツ! 物欲アタック」

ハルナ編キター。 っていうより図書館組編?

■ ハルナ

ハルナ好きなので、 序盤のハイテンション暴走っぷりは
普通に楽しみつつ読んでたんですが、
夕映の想いに気付いてからの後半のハルナが格好良すぎてやばい。
台詞無しのコマの表情とか。 ちょっと惚れそうw

普段おちゃらけてる人のシリアスモードにとことん弱いです。

■ 木乃香

別にネコミミ属性とか無かったはずなのに、 やたら可愛く見えました。
久々のまともな出番だったからでしょうか。
これだけ喋ってたのっていつ以来なんだろう。

まぁ、ハルナと夕映とのどか(の想い)が中心っぽい話だったので
今回も微妙に蚊帳の外って感じでしたがw

でもリアクション可愛いなぁ。
「ほな あの2人 もー付き合うとるん?」 で赤くなってるところとか
最終ページの  「へ‥? へ‥?」 って戸惑ってるところとか(´∀`*)

恋バナ大好きなのに初心っぽい子って萌え。
これを機に、 自分の恋愛についても考えるようになればいいのに。
刹那のことはどう思ってるんですか、 と問い詰めたい。
現時点でも愛(恋愛感情じゃなくても)があるのは確実だと思うけど、
もっと進もうよ (;´Д`)ハァハァ

最終日にでもこのせつデートやってくれないかなぁ。

Crystal Energy 

OPで聴いた時から気に入ってたので早くフルで聴きたいと思ってましたが、
2番以降の編曲が無茶苦茶格好良いですねこれ(*´д`)
特に2番Aメロ~Bメロのストリングスがやばい。 悶え死ぬ。
「一瞬曇った表情」 あたりの詞も、17話ニナとか連想しちゃって萌え。

前OPのC/Wはイマイチだったけど、今回はC/Wも気に入りました。
挿入歌ということですが、 どんな場面で流れるのか今から楽しみ。
「小さな星が降りる時」と違って燃えって感じではないけど、
それなりに盛り上がりつつ切なくて良いなぁ。
「あの日一緒に見つめた 星は輝き続ける」 とか
思わずエルスー!(つД`) って気持ちになってしまう。

2曲とも脳内栗林ランキングTOP10入りしそうな勢いです。


TVアニメ『舞-乙HiME』新オープニング主題歌「Crystal Energy」

松本清張スペシャル 「指」 

http://www.ntv.co.jp/d-complex/contents/20060221.html

能動的にテレビドラマ見たのなんていつ以来だろう。
すっかりオタだなぁorz

あんまり同性愛がどうこうってのは感じませんでした。
三角関係が全員女だからなんでしょうか。
弓子が監督を選んだことに関しても、 男だからというよりは金目当てだし。
性指向と寝れるかどうかも別問題だと思ってるので。

ただ、バーやバーのママの演出はちょっと……
あれじゃ偏見無い人でも嫌悪感抱くんじゃ(;´Д`)


それよりもごっちんハァハァ
特に下積み時代が可愛かった。

娘在籍時はカプ萌えだったので卒業以降すっかり冷めて、
アルバムが出たら買うくらいだったのに、 久々に元後藤オタの血が騒ぎました。

いちごまとかよしごまとか、後藤受け派だったけど攻め後藤も良いですね。
年下攻め萌え。

まぁ、本職が役者じゃない人の演技を見るのはどうにも恥ずかしくて苦手なんですがw

魔法先生ネギま! 125時間目 

もう月曜日なのに、今更先週の感想を短めに(´д`;)

■ 125時間目 「主役はキミだ!」

告白しそうになってる亜子に対する千雨の反応が良かったです。
幻の存在に告白して亜子が傷付くのを心配してて。
千雨の他人との距離感、好きだなぁ。

亜子とネギに関しては、 そのまま先週の話の続きっぽかったので、
傷の謎が明かされなかったのが残念ってくらいであまり思うところなし。

個人的には最後の龍宮に全部持っていかれました。
なんだか久々の登場な気がしますが、 たつみー格好良い(*´Д`)
「命拾いしたな」 ってクラスメイトに言う台詞じゃないけどw

舞-乙HiME 第19話 

■ 第19話 「宿命の17歳(^^;)」

空気読んでないタイトルの顔文字萌え。

続きを読む

百合バトン 

日頃から舞乙関係等でお世話になっているjellyrollさんから百合バトンを頂きました。

巷で回っているのは見かけたりしてましたが、 まさか自分が答えることになろうとは。
普段から色んなものに萌えてるくせに、 いざピックアップするとなると難しいですね。

現在の私の精神状態だと、 回答してる間に百合バトンならぬトモエ様バトンに
なってしまいそうでやばかったです。 頑張って自制したけど。

面白いことも書けないのにやたら長くなりました、 ごめんなさい。


好きなシチュエーションは?

片想い大好きです。 特に親友パターン。
拒絶されて今の関係を失ってしまうくらいなら友達のままでいい、みたいなベタなの。
友達のままでいいと思ってるはずなのに、
相手のふとした言葉や仕草に愛しさが込み上げてしまって自己嫌悪とか萌え。
想いが抑えきれなくなって黒化とかも萌え。

主従萌えは基本。

冷たい人、 怖い人(って書くとMADLAXのあの人みたいだな)、悪人なんかが
好きな人の前でだけ穏やかな表情になったりするのも好きです。

絡み的には髪関係が良いですね。
抱きしめたりしながら相手の髪を撫でたり、 梳いたり、 毛先を弄ったり。

あっち方面だと、 受けからのリバの申し出に照れる攻めとか。


あなたが萌える台詞は?(受け攻めとも)

萌える台詞って実は難しいなこれw
何だろう……。

最近で萌えたのは、 この間の百合姫の瞳の台詞
「最初のころは… 一生 言うつもりじゃなかったしね…」とか。
なんかシチュのところで書いたのと被ってますけれども。

REDのトモエ×ミーヤには当然激萌え。
「お願い……キライにならないで…………」
「もう………困った娘ねえ…」
もうね、 やばいくらいに萌えた。

「言ってるでしょ? あなたは私を信じて言うとおりにしていればいいの」
も萌えますね。 REDの感想書いた時には確か触れなかったような気がするけど。
「私を信じて」がなんとも言えず良い。
しかも「言ってるでしょ?」って、 前にも同じようなことあったのかよwっていう。

その夜に放映されたアニメ版の
「使えないわね、 ゴミクズが」 も別の意味で萌えた。・゚・(ノ∀`)・゚・。
あぁ、 吉野さんSだなぁ……。


あなたが萎える台詞は?(受け攻めとも)

攻めがあまりに男っぽいのは萎えるかも。
基本的にフェム系×フェム系なカプが好きなので。
男女関係の模倣でなく、 お互いに女として女を愛して欲しい。


思い入れのあるカップリングを5つ

・ 静留×なつき (舞-HiME)
ブログを始めたのが舞乙放送直前くらいだったので、
実は舞-HiMEに関してはあまり書いたことなかったり。
だからこの機会に触れてみようと思ったら……
静留さんが複雑すぎて上手く書けないorz
まぁ、全部好きってことでw
強さと弱さ、 気高さと浅ましさとか、そういう色んなもの。

片想いスキーなので、
「静留・なつきを語る」 「桜の花、 咲くころ」 「なつきのプレリュード」
などの本編補完での静留の心理描写も堪りません。

なつきはヘタレヘタレ言われてますが、
やる時はやる姿が格好良いと思います。 25話とかマジ漢前。
26話の 「もういいんだ静留、 もういい」 は惚れる。
(泣いてる静留も萌え)

なつ静も好きです。


・トモエ×ミーヤ (舞-乙HiME)
思い入れというには期間が浅い気もしますが
まぁ、現在私の中でもっとも旬なカプなので。

とにかくミーヤがトモエちゃん大好きだと良いと思います。
その想いを利用するも愛情で応えるもトモエ様次第。
奴隷、 変態、バカップル、何でもござれ。
二人の間に虐待と歪んだ愛がある限り。

最近ミーヤ×トモエも好きです。
バトンを渡してくれたjellyrollさんが書いてらっしゃったように、
好きな子を受けにしたいっていう心情なんでしょう。

シズルに対してはトモエは自然に受けですが、 そこを敢えてミーヤでw
ツンデレ受けなトモエ様が見たい。
でもドMなミーヤが攻めにまわるシチュって難しいな……
奉仕させられてる姿はすぐ浮かぶんだけど。

日頃のトモエ様による調教のおかげで、
実はミーヤが意外に上手かったりしても萌え。
「ゴミクズなんかにこの私が」な感じでトモエ様に乱れて欲しい。

あぁ、 どうでも良いことばっか書いてるなぁ……。


・ 木乃香×刹那 (魔法先生ネギま!)
普段から触れてるし、 バリバリ公式なのであまり語ることもないけど。
個人的には、 やはり修学旅行前の関係あってこその二人です。
お互いに想いあってるのにすれ違い、傷付け合ってた痛い姿に(*´Д`)ハァハァ
「聖なる空の下で」 の刹那パートの詞、
「楽しげな 瞳の奥が もう二度とくもらぬように」 萌え。

本誌ではここ3ヶ月くらい姿を見ていないような気がするorz


・ 姫子×千歌音 (神無月の巫女)
運命とか輪廻とかそういう関係はあまり好きじゃないんですが、
千歌音の片想い描写は好きです。 超切ねえ。
姫子への想いをひたすら押し殺しつつ、
わりと露骨にソウマに嫉妬してるのが可愛いと思う。
それなのに姫子とソウマの仲を取り持っちゃったりする姿が可哀想で萌え。
髪留め隠しちゃったりするのも、 なんか生っぽくて良いなぁと。

オロチ千歌音のSっぽさが最高でした。
黒化とは言っても、 全ては姫子を救うためでしたが。

agonyの詞が完全に千歌音の心情+巫女の運命って感じで泣ける。


・ ミレイユ×霧香 (NOIR)
霧香手紙の「大好きなミレイユ」 萌え。

でもどちらかと言うとミレイユの方が好き。
散々ヘタレとか言われてますがw

カプに思い入れというよりは作品そのものへの思い入れかも。
梶浦音楽に出会っていなければ舞-HiMEにもハマってなかっただろうし、
そういう意味では私的に重要な作品。



悩んだけど、 結局5つとも無難な感じに。
三次元な某娘。とか、 某蜘蛛のお姉様なエロゲとか書いてみようかと思ったけど
ちょっとだけ書いてみて、なんか恥ずかしくなって断念(ノ∀`)


次に回す5人(受け攻め表記)

やば、 渡せる人いないしw
社交性の無さを見事に露呈。

あ、 でも友達いないのってトモエ様とお揃い☆

il||li ○| ̄|_ il||li


もし奇特でお優しい方がいらっしゃいましたら、 どうぞ持って行ってください。
と、 適当によく見かける方向で締めてみる。

舞-乙HiME 第18話 

■ 第18話 「ホワイトアウト」

2週連続で重い展開。
直接的に人が死んでいくから、前作よりもきついなこれ(;´Д`)

続きを読む

漫画版 舞-乙HiME 第25話 

■ 第25話 「極秘情報、漏れる」

なんか久しぶりのチャンピオン感想。
感想と言いつつ、ストーリー無視でほとんどキャラ萌え(いつものことだけど)
いや、本編としてはかなり久々にトモエとミーヤの出番があったから、ついw
筋にほとんど絡んでない上に2コマ&1コマなのにこんなに嬉しいなんて、
本当に馬鹿だな自分(´д`;)


相変わらず漫画版のトモエは白いですね。
皆がアリカに正式契約の話を振る中、トモエは母親のことを訪ねてて、
さり気なく母親思いな部分が表れてて微笑ましいです。

「よかったわねアリカさん」
「ありがとうトモエちゃん!!」
のやり取りなんて、感動もの (大袈裟すぎ)

トモエ様がアリカに対して好意的だと、なんだかアリカまで可愛く見えてきます。
普段、いかに歪んだ視点でアニメを見てるかちょっとわかりました。


ミーヤも超可愛い(´∀`*)
吹き出し外で「いーなあ‥」 って、なんか凄い素直そうで萌えるw
左前髪を髪留めで留め、両サイドの髪を完全に耳にかけてる姿も新鮮。
意味もなく髪型をアレンジしてもらってる様子に、なんとなく作者の愛を感じます。

REDを読んでミーヤを好きになった人も多いと思うんですけど、
作者もREDを描いてミーヤが気に入ってしまったのではw


トモエもミーヤもかなり普通の子って感じですが、
そんな普通な二人が裏ではあんな関係(RED参照)だと思うと、
ギャップ? 背徳感? があって、妙に萌えます。


そして今週の主役、エルスについて。
"ニナに片想いしてる自信の無さそうなエルス" が好きな私としては、
アリカ並みにおバカで、かつマシロ>ニナになっちゃってる最近のエルスは
ちょっと微妙なんですけど、それでも画が可愛いので普通に萌えてしまいます。

何より、エルスの元気な姿を見てるだけで満足(つД`)
放送時期と漫画の発売時期をちゃんと合わせてるんだろうなぁ、これ。
思いっきり掌の上で踊らされてると思いつつも、 ミーヤ、エルスなど
アニメ版で退場したキャラの姿を見ることが出来るのは素直に嬉しいです。

アニメでも漫画でも切なさ爆発なニナはやっぱり可哀想orz

FC2のTB制限に関して 

仕様変更により2/6からブログURL(言及リンク)を含まないトラックバック制限
開始されていたようなのですが、解除するのを忘れてました。
制限ありがデフォだったのねorz

もしその間にTBしてくださった方がいらっしゃいましたら、
申し訳ありませんが再度送信して頂けると幸いです。



FJY新曲発売 キタ━━━(゚∀゚)━━━!!と狂喜乱舞しながらの業務連絡でした。
1stアルバム発売後自然消滅のパターンを何度も見てきたのでマジ嬉しい。

舞-乙HiME 第17話 

■ 第17話 「蒼の舞/想い、散るとき」

色々と散りすぎだよ……orz
改めてEDの空気読めてなさっぷりが凄いと思いました。

続きを読む

魔法先生ネギま! 124時間目 

■ 124時間目 「恋の魔法のステキな効力」

魔法バレせずカシオペアを使うため?に亜子を眠らせた訳ですが
眠った状態の亜子を椅子の所まで運んで行ったんでしょうか。
凄く怪しい光景なのではw

その後のデートで一人テンパってる亜子が可愛くて良かったけど、
パーフェクト紳士なネギはどうも苦手です。
後の場面で千雨と小太郎が感じていたのと同様に、なんかむかついてしまうorz

ベストカップルコンテストでは雪&はる樹、英子&直哉ペアが再登場。
当然、英子に萌えました。 あぁ、ツンデレっぽい(*´Д`)
英子&直哉は何気に良い雰囲気ですね。

取り立てて感想述べることもないけど、
最後の脇役、主役云々のお話も良かったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。